病気と漢方

本当は怖い糖尿病

糖尿病とは

食物の中の糖分は、吸収されると血液に入り、膵臓から分泌されるインスリンによって細胞内にとりこまれ、エネルギーになります。インスリンは、ブドウ糖を細胞内へ運ぶトラックの役目をしています。
膵臓からのインスリンの分泌が少ない場合と、インスリンの量は十分でもうまく働けない場合に、細胞へブドウ糖がとりこまれず、血液中にブドウ糖がたまります。後者が糖尿病の95%をしめます。

糖尿病の症状

糖尿病特有の自覚症状で気づく場合は、かなり進行した状態のため、無症状で血液検査や尿検査により診断される場合がほとんどです。特有の自覚症状とは、のどの渇きや尿がたくさん出る、すぐにお腹がすいて、たくさん食べる、疲れやすく身体がだるい、急にやせる、などです。血糖値やHbA1cが正常値を超える場合、食事や運動療法に加えてすぐに治療を開始してください。症状が無くても高血糖状態が続くことにより、合併症は確実にすすんでゆきます。

糖尿病の合併症

高血糖状態が続くと、血流が悪くなり、血管が脆(もろ)くなってきます。大きな血管に現れる場合、末梢の細小血管に現れる場合、神経細胞にブドウ糖の代謝物が蓄積される場合などにより、様々な合併症がでてきます。

  1. @ 目の細小血管に現れると、糖尿病性網膜症になり、網膜剥離や眼底出血がおこりやすく、白内障や緑内障もすすみやすくなり、失明にいたることもあります。
  2. A 腎臓の細小血管に現れると、身体の老廃物を濾過する機能が落ち、必要なたんぱく質が漏れ出たり、老廃物がたまりやすくなり、人工透析にいたることもあります。
  3. B 知覚神経や運動神経に現れると、持続的なしびれや痛み、感覚麻痺がおこり、自律神経に現れると発汗異常、立ちくらみや消化器症状などがでます。
  4. C 大きな血管に現れると、動脈硬化がすすみ、血管がつまりやすくなります。心臓の血管に現れると心筋梗塞、脳の血管に現れると脳梗塞がおこりやすくなり、致命的になります。
  5. D 末梢血管の血流低下や知覚神経が鈍くなることで、皮膚は保湿能力の低下やしわができやすくなり、高血糖により外からの菌を攻撃する白血球が働きにくくなることで、傷口が治りにくく化膿しやすくなり、壊疽にいたることもあります。

このように、合併症を放置することで、危険な状態になってゆきます。是非、早めに治療を開始してください。

糖尿病の原因

飲食の不摂生、運動不足、肥満、過労、過度のストレス、性生活の不摂生、手術、妊娠、遺伝、虚弱体質、40歳以上の方などがなりやすくなります。

糖尿病の血液検査値

現代医学の血液検査では、下記の値が定義されています。 HbA1cの値は、過去1〜2ヶ月の平均的血糖値を示します。

JDS値 日本糖尿病学会
指標 不可
不十分 不良
HbA1c(JDS値)% 5.8未満 5.8〜6.5未満 6.5〜7.0未満 7.0〜8.0未満 8.0以上
空腹時血糖値(mg/dl) 80〜110未満 110〜130未満 130〜160未満 160以上
食後2時間後血糖値(mg/dl) 80〜140未満 140〜180未満 180〜220未満 220以上

糖尿病の食事療法

現代栄養学のカロリー計算方法 身長×身長(m)×22=標準体重(kg)

座ることの多い人(事務仕事など) 標準体重(kg)×25〜30kcal=適切な1日摂取カロリー(kcal)
立つことの多い人(農業など) 標準体重(kg)×30〜35kcal=適切な1日摂取カロリー(kcal)
力仕事やスポーツ選手 標準体重(kg)×35〜40kcal=適切な1日摂取カロリー(kcal)

糖尿病の薬膳

糖尿病は中医学では「消渇(しょうかち)」といいます。
体内の水分が少なくなることで身体の陰陽のバランスが崩れるため、余分な熱を抑えられず、体内が砂漠のように乾燥して熱を持ちやすくなるのが特徴です。
糖尿病の食事では、徹底したカロリーコントロールや糖分摂取量の制限など、せっかくの食べる楽しみが失われがちですが、食材を上手に選んで正しく摂ることで毎日の献立にバリエーションがつけられますのでぜひがんばってみてください。

糖尿病の食事の基本

  1. 1、基本的に炭水化物は量を控えます。その中でも白米より玄米、白い食パンよりライ麦パン、うどんよりそばなど、白く精白されたものではなく茶色いものを選びましょう。これは糖尿病食だけでなく、薬膳ではすべての体質の基本となるものです。
  2. 2、長く茹でる、すりおろす、つぶすなどの調理法は吸収率を高めますので茹ですぎに注意し、とにかくしっかりと良く噛んで食べることを意識してみてください。
  3. 3、高たんぱくで低カロリーな大豆製品は糖尿病食にはおすすめです。

糖尿病に適する食材

  1. 1、ほうれん草の根の赤い部分にインシュリン分泌促進効果があります。
  2. 2、かぼちゃに含まれるコバルトは、インシュリン分泌に欠かせない成分です。
  3. 3、ピーマン、たまねぎ、トマト、モロヘイヤ、ブロッコリー、青背の魚などは、血液を浄化してサラサラにする効果があります。体液が少なく身体が乾燥することで血液がどろどろになりやすいので定期的に取り入れてみて下さい。
  4. 4、砂糖の代用品として「ラカント」などの甘味料を用います。ラカントの原料となっている羅漢果「(らかんか)」は砂糖の300倍の甘みをもつ食材です。羅漢果を砕いて水から煮出したものをシロップとして調理に使うのもおすすめです。