病気と漢方

メタボって何?

メタボって何?

最近よく耳にするようになった言葉”メタボ”。メタボとは正確にはメタボリックシンドローム(代謝異常症候群)と言います。これは内臓型肥満(内臓脂肪の蓄積)があります。

  • 高脂血
  • 高血糖
  • 高血圧

更に上記のうち二つ以上の症状があるものを言います。

何が怖いの?

日本人の三大死因は、がん・心臓病・脳卒中ですが、そのうち心臓病と脳卒中は動脈硬化が原因となる病気です。 内蔵型脂肪の蓄積に高脂血・高血糖・高血圧が重なることによって、動脈硬化を急速に進行させ、心筋梗塞・狭心症・脳梗塞などを引き起こします。
心筋梗塞や脳梗塞は、心臓や脳の血管が詰まり命にかかわる大変怖い病気です。

メタボリックシンドロームによって引き起こされる病気の危険性は、高脂血・高血糖・高血圧などの危険因子の数と大きく関わっていて、 危険因子の数が多ければ多いほどその危険性も高まります。
たとえば心臓病の場合、危険因子がない人の危険度を1とすると、危険因子を一つ持っている人では5.1倍、二つ持っている人では5.8、三〜四つ持っている人では更に危険度が増し、なんと35.8倍にもなります。

主な原因と診断基準

メタボリックシンドロームの主な原因としては、遺伝的要因・加齢・脂肪分が多く野菜などが少ない偏った食生活・運動不足・ストレス・夜遅くまでの飲酒・喫煙・不規則な生活などがあげられますが、遺伝的要因と加齢以外は生活習慣の改善によってご自身での対応が可能です。

メタボリックシンドロームの診断基準
腹囲
男性85cm以上
女性90cm以上
+ 血糖:空腹時血糖100mg/dl以上など
脂質:中性脂肪450mg/dl以上など
血圧:最高130mmHg以上または最低85mmHg以上
※腹囲またはBMI(体格指数)が基準値以上で、なおかつ血糖・脂質・血圧も基準値以上の項目があると要注意!

改善への道のり

メタボリックシンドロームの予防・改善で一番大切なことは内臓脂肪を減らすことです。内臓脂肪は皮下脂肪とは違って溜まり易く減りやすい性質があります。
まずは適度な運動を心がけ、バランスの良い食事をとり、ストレスを軽くしましょう。

漢方薬は内臓脂肪を減らす事にとても効果的ですが、その処方は体質や症状により、一人一人処方が違ってきます。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせのページから漢方相談予約もお取りできます。