病気と漢方

あなどれない!熱中症

熱中症は死を招く!!

熱中症とは、高い気温にさらされた結果、身体にさまざまな異常が現れる症状を言います。また、軽い症状から重い症状へ段階を経て症状が進行していく場合もあれば、きわめて短時間で急速に重症になる場合もあります。
熱中症といえば 夏場の暑い環境でばかりおこると思われがちですが、実際にはスポーツ中など、筋肉から大量の熱を発したり脱水などの影響により、寒いとされる環境でもおこりうるものです。
大変身近なところでおこるものですので、じゅうぶんにその危険性について認識しておく必要があります。

熱中症の症状

熱中症の主な症状には下記のようなものがあります。

  • 血液の電解質バランスが崩れておきる熱ケイレン
  • 血圧の低下によって起きる熱失神
  • 脱水症状にともなう熱疲労
  • 脳の体温中枢が崩れて体温が40度を越す熱射病

さらに、熱中症の症状の進行を詳しく説明するとこのようになります。

分類 症状 詳細
l度 四肢や腹筋などに痛みを伴ったケイレン
  • ・多量の発汗の中、水のみを補給した場合に起こりやすいとされている
  • ・全身のケイレンはこの段階では見られない
失神(数秒間程度)
  • ・失神のほか、脈拍が速く弱い状態になる、呼吸回数の増加、顔色が悪くなる、唇がしびれる、めまい、などが見られることがある
  • ・運動をやめた直後に起こることが多い
  • ・運動中にあった筋肉のポンプ作用が運動を急にやめると止まってしまうことにより、一時的に脳に血流が減ること、また長時間暑い中での活動のため、末梢血管が広がり、相対的に全身への血液量が減少をおこすことによる
ll度 めまい感、疲労感、虚脱感、頭重感、失神、吐き気、嘔吐などのいくつかの症状が重なり合って起きる
  • ・血圧の低下、頻脈、皮膚の蒼白、多量の発汗などのショック症状が見られる
  • ・脱水と塩分などの電解質が失われて、末梢の循環が悪くなり、極度の脱力状態となる
  • ・放置あるいは誤った判断を行えば重症化し、III度へ移行する可能性がある
lll度 意識障害、おかしな言動や行動、過呼吸、ショック症状などがII度の症状に重なり合って起こる
  • ・自己温度調節機能の破綻による中枢神経系を含めた全身の多臓器障害
  • ・重篤で、体内の血液が凝固し、脳、肺、肝臓、腎臓などの全身の臓器の障害を生じる多臓器不全となり、死亡に至る可能性が高い

熱中症の予防法

水分補給をしっかりしましょう

できれば電解質の含んだ飲み物、または水分を即座におぎなう成分を含んだものを飲みましょう。
スポーツ中や外出など、とくに暑い時期などは頻繁に水分補給と休憩をする必要があります。

服装に気をつけましょう

暑さや寒さにあわせて、吸湿性や通気性のよい素材で熱を吸収しない白っぽいものが良いでしょう。また帽子をかぶって直射日光は防ぐようにしましょう。

個人それぞれの条件を考慮しましょう

下痢や熱があるとき、疲れていて体調が悪いときなどは特に注意しましょう。また、体力が低い人、肥満、暑さになれていない人も同様に十分注意する必要があります。

早めに必要な手当てをしましょう

安静 涼しい場所(クーラーが入っているところ・風通しの良い日陰など)に移動させ、休ませましょう。
冷却 衣服をゆるめましょう。また必要に応じて脱がせて体を冷やしやすい状態にしましょう。体温が高い場合は、太い血管が通っている首筋や足の付け根を冷たいタオルなどで冷やすと効果的です。
水分補給 意識がはっきりしている場合に限っては水分補給をしましょう。
その他 意識が無かったり、呼びかけても反応が鈍い、言動がおかしいなどの場合は注意が必要です。必要な手当てを行いつつ、至急119番通報するなど救急搬送を要請しましょう。